ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » クレヨン王国/月のたまご PART4(福永令三)

639本当にあった怖い名無し:2013/12/07(土) 00:59:46.59
童話クレヨン王国シリーズ「月のたまご2」のカメレオン総理のエピソード、

詳しいあらすじは省くけど、王の補佐役だった主人公が、
前作の使命のために死んでしまったと思っている王様は、病に臥せっていた。
彼の親友であるカメレオン総理も引退を宣言し、修道院で生活をしていた。


641本当にあった怖い名無し:2013/12/07(土) 01:04:15.36
そのため、政治を取り仕切っているのが、
大臣の白鳥と、王国軍大佐のイタチだが、
白鳥は自分の容姿にしか興味がなく、
実質はイタチが全てを取り仕切っており、総理もイタチに目をかけていた。

643 本当にあった怖い名無し:2013/12/07(土) 01:12:10.57
イタチが計画した主人公の追悼式典出席するため、
総理はイタチの部下の狼にエスコートされ、修道院からヘリに乗り込んだ。
彼の軍人らしい振る舞いに総理は好感を持ち、道中色々な話をした。

644 本当にあった怖い名無し:2013/12/07(土) 01:14:39.28
狼は世間を騒がしている爆弾魔が、
イタチの所にも脅迫状を送りつけたことなどを話していたが、
総理に、余命いくばくもない妻のために転属を助言して欲しい、
また、助言を願ったことはイタチに秘密にして欲しいと嘆願した。
総理は快く引き受けた。

とその時、いきなり妙な音がして、カセットテープの声が流れてきた。
あの、爆弾魔だ。


645 本当にあった怖い名無し:2013/12/07(土) 01:16:51.27
狼は総理に装備しているパラシュートを準備するように指示した。

そのとき、総理の第六感が囁いた。
「パラシュートを交換しよう」
狼は侮辱と悲しみが混じりあった何とも言えない顔をした。

総理は交換したパラシュートを背負うと、ヘリから飛び降りた。
パラシュートは難なく開いた。


646 本当にあった怖い名無し:2013/12/07(土) 01:19:10.14
その瞬間、総理は飛び降りた狼と一瞬目が合った。
「開け、開け・・・」
総理は祈った。

しかし、パラシュートは開くことなく、狼は海へと消えていった。
その表情を見るまでもなく、総理は彼が白だとわかっていた。
彼は総理に助言を願った。
彼はイタチに何も聞かされてはいなかったのだ。


648 本当にあった怖い名無し:2013/12/07(土) 01:31:07.29
黒幕はイタチでいいのか?

649 本当にあった怖い名無し:2013/12/07(土) 01:41:53.60
>>648
そうです。
このあと総理は主人公と再会して逃げ延びるんだけど、
イタチは狼が爆弾魔で総理を殺して逃走、射殺されたと公に発表する。
最後はイタチも逮捕されるんだけど、子供向けの話でこの狼の最後はきついと思う。

650 本当にあった怖い名無し:2013/12/07(土) 01:45:47.32
なるほど
狼カワイソス

652 本当にあった怖い名無し:2013/12/07(土) 02:14:27.28
クレヨン王国シリーズってそんな話あったのかよ・・・
日曜朝のおぼろげな記憶だと、
ちょいブラックジョークなネタはあっても概ねのほほんとしてると思ってたのに

690 本当にあった怖い名無し:2013/12/07(土) 16:02:05.02
>>652
クレヨン王国の作者は、パヤオと同じで、段々思想色が強くなってたからね。
月の卵の設定も炉利過ぎてアレだし(見た目大学生、中身初老の男と中1の恋愛)
そういう意味でも、後味悪い。

 

クレヨン王国 月のたまご PART4 (講談社青い鳥文庫 (20-17))
クレヨン王国 月のたまご PART4
(講談社青い鳥文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...