ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その146 » 幼稚園のいじめ

281本当にあった怖い名無し:2013/12/31(火) 12:23:20.34
以前読んだマンガ。細かいところうろ覚え。

主人公(以下A)は女手ひとつで娘(幼稚園年長)を育てていた。
A娘は気が弱く友達がなかなかできなかったのだが、
家が近所で同じく女手ひとつで娘を育てているBの娘が
積極的に声をかけてくれたおかげで友達ができて良かったと思っている。

厳格なBに育てられたB娘はA娘と同い年ながらしっかりしていて、
Aはいつも「B娘ちゃんのようにいい子になりなさい」とA娘に言い聞かせていた。


282本当にあった怖い名無し:2013/12/31(火) 12:28:25.87
ところがこのB娘、「いい子」なのは人前だけで
幼稚園では入園以来A娘をいじめていた。

年長になるまではA娘の幼馴染も同じ幼稚園に通っていて
かばってくれていたため大事にはならなかった。
しかしその幼馴染の兄(中学生)が暴力事件を起こし、
幼馴染一家がいたたまれなくなり引っ越してしまってからは
「A娘をトイレに行かせずお漏らしさせる」という悪質なものになっていた。


283 本当にあった怖い名無し:2013/12/31(火) 12:32:47.66
Aは娘のお漏らしについては知っていたが、
気弱なA娘はB娘に「告げ口したらただではおかない」と言われていたため
何もできなかった。

だが、ある日とうとう我慢の限界が来てお漏らしさせられた直後に
A娘は発作的にそばにあった積木でB娘を殴ってしまう。

もちろんAもBも幼稚園に呼ばれて事件を知る。
A娘は理由を言わない上に決して謝らず、
Aは「きっとお漏らしを見られて恥ずかしかったのだろう」と苦しい言い訳をして謝るばかり。
Bには「今から他人に手を上げるなんて恐ろしい。将来が心配だ」とまで言われて
Aはショックを受ける。


284 本当にあった怖い名無し:2013/12/31(火) 12:37:41.35
家に帰ってから、A娘はついにいじめの事実を打ち明ける。
ところがAはあろうことか
「B娘ちゃんがそんなことをするはずがない。
 嘘をついて失敗を他人のせいにするのはやめなさい」
と叱ったのだ。

子供ながら怒りのあまりAをにらみつけるA娘。
かっとなったAは思わずA娘の首を絞めてしまう。
動かなくなった自分の娘を見て我に返ったAは絶望のあまり自殺する・・・。

Aが娘を「いい子」に育てようとした末の悲劇なんだが、
自分の娘くらい信用してやれよ、とモヤモヤして後味悪かった。


285 本当にあった怖い名無し:2013/12/31(火) 12:58:06.54
なんだよ、その救いようのない話は
これこそ後味悪いわ

286 本当にあった怖い名無し:2013/12/31(火) 15:28:58.39
救われないなぁ……

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...