ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その146 » 草原情歌

582本当にあった怖い名無し:2014/01/11(土) 19:47:43.37
「草原情歌」という童謡

舞台はモンゴルあたりの草原で、
遊牧民の女の子が羊を連れて歩いている平和な光景を歌ったもの。

しかし最後に
「あの子が連れている羊になりたい、あの小さな鞭で叩いてほしい」
というとんでもない歌詞が入り、なんともいえない気分になった


583本当にあった怖い名無し:2014/01/11(土) 19:57:17.37
ググってみてワロタ
他意はないんだろうけど、4番になって雰囲気変わりすぎだ

588 本当にあった怖い名無し:2014/01/11(土) 21:49:15.92
>>582
鞭叩きの歌詞、違和感がすごくて逆に覚えてるw
みんなの歌か何かでやってたような
うろ覚えだけどこんな歌詞

「遠く離れたそのまた向こう、誰にでも好かれる綺麗な娘がいる」
「明るい笑顔はお日様のよう、くりくり輝く目はお月様のよう」
「お金も宝も何にもいらぬ、毎日その笑顔じっとみつめていたい」
『山羊にでもなって一緒にいたい、毎日その鞭で私を叩いておくれ』


589 本当にあった怖い名無し:2014/01/11(土) 22:46:47.65
>>588
いったいどういう意図でこんなドMな歌詞をww

590 本当にあった怖い名無し:2014/01/11(土) 22:57:00.71
>>589
子供心に「え、NHK?どうしちゃった?」と思ってたよw
なんとなく鞭→アブノーマルな性的嗜好というのはわかっていたけど
オープンにそんな感想言う年齢でも環境でもなかったので
唯一、姉とだけ「今の鞭って……」「……ねぇ」と言葉にできないモヤモヤを共感していた

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...