ホーム » 小説 » 小説/か行 » 可哀相な姉(渡辺温)

676本当にあった怖い名無し:2014/01/16(木) 16:15:16.33
渡辺温「可哀想な姉」

「僕」は唖の姉と二人暮らし。
姉は結核(一説では性病)だが病院に行かず、
花売り娘のふりをした私娼で「僕」を養っている。
「僕」は子供とは言えない年齢だが働いていない。

「僕」と姉は近親相姦で生まれた姉弟で、
親はどういうわけか、姉に「はい」で首を横に、「いいえ」で首を縦に振るよう教えた。
そのせいで姉は、客からお金を貰えない事もある。

ある日「僕」は姉を買った男を殺した。
姉は逮捕され、「お前が殺したのだな」と尋問されると
(いいえ!いいえ!)と首を縦に振るので、死刑になるだろう。


679本当にあった怖い名無し:2014/01/16(木) 17:12:51.05
まさか「新青年」に載ってた古い小説が出てくるとは

681 本当にあった怖い名無し:2014/01/16(木) 18:27:11.40
>>676
これはいい後味の悪さ、
よけいな説明が全くなく意味不明なところもいい。

682 本当にあった怖い名無し:2014/01/16(木) 19:47:58.21
>>676
最後の二行が急展開過ぎたんで本文読んでみたが、
「僕」は姉の庇護(という名の束縛)が邪魔になったから死刑に追い込んだのか
大人になるなって主張とか、若い娘の存在とかが無いとわからん

683 本当にあった怖い名無し:2014/01/16(木) 20:02:20.50
>>679
結構売れたアンソロジー本に収録されてたから

689 本当にあった怖い名無し:2014/01/16(木) 22:04:38.02
>>684
手放したんで忘れたけど文庫本で探偵小説アンソロジーだった。
他に小栗虫太郎の紅毛傾城とか入ってた。

690 本当にあった怖い名無し:2014/01/16(木) 22:07:12.14
新青年傑作選とかもあったな・・・
もう著作権がきれてるのか

 

アンドロギュノスの裔 (渡辺温全集) (創元推理文庫)
アンドロギュノスの裔(渡辺温全集)
(創元推理文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...