ホーム » 小説 » 小説/さ行 » スイスにて(ローラン・トポール)

277本当にあった怖い名無し:2014/02/04(火) 10:36:20.21
中国文学者・中野美代子のエッセイ集で知った短編「スイスにて(En Suisse)」

スイスの雪山で遭難した三人の男。一人は足に凍傷を負う。
二人は、凍傷は治らないから食っちまおうぜ、
と患部を切り取り焼いて凍傷男にも与える。
食ってから真相を知らされた凍傷男は激怒するが、
空腹には耐えられずやがて患部を完食。

ある夜、二人がわくわくしながら凍傷男の残る片足に手を伸ばすと…
「豚野郎め、勝手にしかも生で完食するなんて!俺たちを餓死させる気か!」
凍傷男は残る足をこっそり食べていた。

Ensuisseという単語は、一人で食事をするという意味だそうです。

 

リュシエンヌに薔薇を
リュシエンヌに薔薇を


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...