ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その148 » アポロの歌(手塚治虫)

281本当にあった怖い名無し:2014/03/05(水) 01:00:57.85
何の話だったか探しています。
手塚治虫の短編だと思うんですが…

人間型ロボット(顔はノッペラボウの金属質)が各家庭で家政婦代わりをしている未来。
とある独身男性の家で働くロボットは、自分を女性だと認識している。
(主人は勿論ただのロボとしか思っていない)

ある日、主人の出勤中に掃除をしつつテレビドラマを見たロボは、
愛する男女が抱きあうシーンを見る。
「人間の男女はああいう風にするんだ」と学んだロボットは、
帰宅した主人に抱きつき、「愛しているわ」と言いながら抱き締める…
全身の骨がバキバキと折れて主人が絶命する所で終わり。

色んな短篇集探してるんですけど出てこないんですよね。


284本当にあった怖い名無し:2014/03/05(水) 02:43:28.01
>>281
手塚治虫のアポロの歌のワンシーン
たとえ話の例なので作中で起こった話ではないっぽい

 

アポロの歌(1) (手塚治虫漫画全集 (35))
アポロの歌(1)
(手塚治虫漫画全集 (35))
アポロの歌(2) (手塚治虫漫画全集 (36))
アポロの歌(2)
(手塚治虫漫画全集 (36))
アポロの歌(3) (手塚治虫漫画全集 (37))
アポロの歌(3)
(手塚治虫漫画全集 (37))


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...