ホーム » その他 » ジョーク » 手術

307 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:01/12/30 15:53
ニューヨークにある夫婦がすんでいた。
4月も入ったばかりの肌寒い朝、身重の妻の体調が急変し、夫は妻を車に乗せて産婦人科へ急いだ。
医師が言うには、母子共に危険な状態であるから、すぐに手術に踏切るしか無いと言う。

手術が始まって数時間がたった。
その間、夫は手術室の前から離れようとはしなかった。
ふいに、「手術中」のランプが消え、扉から医師が現れた。
夫が聞きたい事はひとつだった。
「手術は・・上手くいきましたか!?」
医師は、にっこりと笑って応えた。
「大成功です。奥さんも、息子さんも元気ですよ!ごらんになりますか?」

喜びに足をもつれさせながら、夫は部屋にかけこんだ。
そこには、血まみれの息絶えた子供と、同じく冷たくなった妻の姿があった。

夫の背後から、医師が言った。
「エイプリルフール!!」


311 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:01/12/30 20:42
>307
オチが秀逸。想像できなかった。

324 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:01/12/31 00:04
>307 不覚にも笑ってしまったw

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...