ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その1 » マイダス王の手

355 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:01/12/31 14:08
もっととりとめがないのだが、
幼い頃、母から聞いた話。

ある所に、とても強欲な男がいた。
金目のものが大好きで、中でも真珠の輝きに目がなかった。
「ああ、オレの触るものすべてが真珠にならないかなあ」
すると、観音様が現れて、
「あなたの望みをかなえてあげましょう」。

喜ぶ男。ところが、胴体を触ると体が真珠になってしまった。
悲鳴をあげて頭をかかえると、頭も真珠になってしまった。

世に強欲の栄え無し。

….ってんだけど、軽くトラウマです(笑)


361 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:01/12/31 14:30
>355
まるで「マイダス王の手」だね!
自分が知っているのは・・・神にどんな事でも1つだけ
願いを叶えて貰える事になったマイダス王は
「触るもの全てを黄金に変える事のできる手を下さい」と願った。

しかしその手では食事をしようにも、手にとった物が全て
黄金になってしまう為に、王は飢えて苦しむ事になる。

そしてついには、その手で抱き上げようとした
愛娘さえも黄金に・・・というお話だったよ~。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...