ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » ギリシャ神話/オイディプス王

466 名前:465 投稿日:02/01/03 06:42
ある日、流されてきた子供が拾われた。
その男の子は、足に痣があったので
「オイディプス」(足に痣があるもの)と名付けられた。
やがて成長したオイディプスは国家転覆を目論見、王を殺して后を娶り、王になった。
そして月日は流れたが、老いた后が息を引き取る間際に、オイディプス王に言った。
正当な王位継承者(王子)は、昔沐浴中に、川に流されてしまった。
行方は知れなかったがただ一つ、王子の足には痣があり、
その子をずっと探していた、と。

オイディプス王は自らの過ちを悟り、自分の両目を潰したと言う。

 

ギリシア神話 (図解雑学)
ギリシア神話
(図解雑学)
私のギリシャ神話 (阿刀田高)
私のギリシャ神話
(集英社文庫)
マンガギリシア神話 (4) 悲劇の王オイディプス
マンガギリシア神話 (4)
悲劇の王オイディプス


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...