ホーム » 小説 » 小説/ま行 » 無邪気な女(阿刀田高)

571 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/01/05 10:50
阿刀田高の「無邪気な女」って話、これも後味悪かった。

新婚夫婦が居るんだけど、今まで1度もセクースしたことがないの。
頑張るんだが、奥さんの方がどうしても最後まで出来ない。
愛がないワケではないので2人で悩んで結局カウンセリングへ。
すると催眠術により本人さえ記憶にない(封じ込めた)奥さんの過去が...。
小学生の頃、変質者にレイプされていたのだ。
しかもその直後、気が緩んでいたそいつを石で殴り殺していた。
この消えたかに見えた記憶が彼女の無意識な所で性的な事を拒否する鎖となっていた。

カウンセラーは催眠治療で彼女に何度も繰り返す。
「君が悪いんじゃない、君にあんな事をした犯人がいけないんだから。
 殺して当然だよ、君は当たり前のことをしたんだ。気にする事はない。」

そして治療の甲斐あってめでたく夫と愛し合えることが出来る。
ハッピーエンド...と思うが次の場面で夫は死んでいた。
最後に晴れ晴れしい顔で彼女の言葉。(予想出来たと思うが)
「これでいいのよね。わたしにあんなことするひとはころしてあたりまえだって、おいしゃさまがいってたわ。
 わたしはわるくないの。おいしゃさまもいってたもの。」

ドラマでも川上麻衣子がやってた記憶があります。

 

黒い回廊 (集英社文庫)
黒い回廊 (集英社文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...