ホーム » その他 » 事件・事故 » 全日空小牧空港衝突事故

542 名前:539 投稿日:02/02/02 18:46
僕の知ってる後味の悪い話を。

相当昔。 全日空がDC3を使っていた頃の話。
夜の名古屋空港で、管制官のミスが原因で事故。
全日空DC3と自衛隊のF86Fが正面衝突をした。

戦闘機のパイロットは衝突を避ける為、機体を横転させたが間に合わなかった。
全日空機に乗っていた3人が死亡した。
2人が新婚ほやほやのカップル。
新婚旅行に行くので、全日空が気を利かせて機体最後部の席を用意した。
もう1人が客室乗務員。
非番だったが、友人の客室乗務員が風邪に罹り、変わりに勤務に着き、
新婚さんに不自由ないようにと、新婚さん近くの席に座ってた。
そこにF86Fの主翼が突っ込み、横切り、両断していった。
人々の善意が全部裏目に出た。

当時名古屋空港は拡張工事をしていた。
夜はカンテラの灯りで工事していたので、滑走路を誤認しそうだ、危険だ、
と上層部に上奏していたのが、事故時F86Fを操縦していたパイロット。
管制塔の離陸許可の時、カンテラの件で一抹の不安を感じたが、滑走を開始。
カンテラの灯りで、DC3の着陸灯が認識できなかったらしい。

 

鉄道・航空機事故全史―シリーズ災害・事故史〈1〉
鉄道・航空機事故全史―シリーズ災害・事故史〈1〉


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...