ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その2 » 遭難

691 名前:by中崎タツヤ 投稿日:02/02/06 17:29
雪山で若い男女が遭難し、テントに閉じ込められた。
食料もつき救助がくるまで体力が持ちそうにない。
男は女に憧れていたが、女は男に特別な感情はなかった。
男はせめて女だけでも助けようと、自分の精液を飲ませようと思ついた。
精液は良質なタンパク質である。女はためらったが、説得され、男のモノを加え口のなかで射精させた。
生臭い臭いは広がり、女はためらったが、思いきってそれを飲みこんだ。

・・・そのとき、まさに救援隊がテントの入り口を開けて救助に訪れた。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...