ホーム » 小説 » その他書籍 » 間違い電話

598 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/04/18 04:08

数年前、今のアパートに引っ越したばかりの時の実体験です。
夜中1時過ぎに電話がかかってきました。

「はい」とこちらの名前を言わずに応対すると
おそらく30代か40代と思われる女性が

息をきらしながら切羽詰まったような口調で
「あの・・・お願いできますか?」と一言。

何やら異様な雰囲気で一瞬言葉を失いましたが
「お間違いではありませんか?」と返すと

「え、あ、す、すみません!」と電話を切られてしまいました。

その後、そんな電話がかかってくることはありませんが

あの女性が夜中にどこに何をお願いしたかったのかをいろいろ想像すると

しばらくの間ちょっと気になったり。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...