ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » おおかみと七ひきのこやぎ(グリム童話)

279 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/06/06 23:00
狼に食われたヤギだかヒツジだかの兄弟を腹裁いて救出して、
代わりに石を詰めて狼を溺死させたのは何の話だっけ?

280 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/06/06 23:06
>>279
それが赤頭巾じゃないかな。
違うかな。

281 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/06/06 23:08
おおかみと七匹のこやぎ

284 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/06/06 23:45
猟師が寝ている狼の腹裂いて赤頭巾救出→
ばあさん腹に石を詰めて縫い合わせる→
狼目がさめて悶絶死
(最後に溺死したのは気分が悪くて水を飲もうとしたら、誤って落ち、
 石の重みで沈んじゃったんじゃないっけ?)

が、赤頭巾かな…

七匹のこやぎは腹は裂くけど、そこからどうしたか忘れちゃったなあ。
猟師は助けてくれなかったはず。

私が読んだ時は狼は細くて高いお母さんやぎの声を真似る為
急いで雑貨屋で買ってきたチョークを食べた。
手を見せて、と言われたときに狼の手を隠したのが水車小屋の小麦で、それをつけてお母さんを真似た。
戸を開けてしまって、逃げ回って柱時計の陰に隠れて助かったのが一番小さい子。
本物のお母さんが帰ってきて小さい子と協力して助ける。
ハサミで狼の腹を切ったのもおかあさんだったはず
(裁縫道具をかごに入れて戻ってきたはず)。

だったと思うのだけど…自信ない。


286 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/06/07 00:10
「七匹の子やぎ」のラスト・・・
オオカミに兄弟6匹を食べられてしまったあと・・・帰宅してきたヤギ母に
大きな時計の中に隠れていた七番目の子ヤギが
「お兄ちゃん達が食べられちゃったよ~」と泣きつくと
お腹がいっぱいになって外の木陰で昼寝をしているオオカミの
元へヤギ母が出向き、お腹を裂いて6匹を救出(しかし、よく生きてたな・・・)

かわりに石を詰めてオオカミのお腹を縫合。
目が覚めて、のどの渇きを感じたオオカミが
川の水を飲もうとして水の中に
どぼーんしてあぼーん。

 

おおかみと七ひきのこやぎ―グリム童話 (世界傑作絵本シリーズ―スイスの絵本)
おおかみと七ひきのこやぎ―グリム童話
(世界傑作絵本シリーズ―スイスの絵本)
1812初版グリム童話〈上〉 (小学館文庫)
1812初版グリム童話〈上〉
(小学館文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...