ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その5 » ナメクジ

156 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/08/09 03:58
クソ面白くないが独白させてくれ。

ウチの母は、虫とか平気で触れる人なんだが。
漏れが消防の頃、病院に連れてってもらった帰りだかなんだかのバス停で、
かなり雨が降っていて、人が歩くところにでっかいナメクジがいたんだな。
で、何度も人に踏まれそうになって。

ウチの母は生き物好きなので、それを拾って草むらにでも放ってやろうとしたんだが、
漏れが体裁を気にするあまりみっともないからやめろと制止してしまって。
漏れ自信気味の悪い生き物が嫌いだったてのもあるが。

で、バスに乗る直前になって、なんかいかにも無神経そうな、
体育会系のイガグリ頭の高校生に、とうとうそいつは踏みつぶされてしまって。

その瞬間にのけぞった姿のグロさと、母の好きにさせておけば良かったという

後悔の念は、しばらく後味の悪い記憶として残ったなぁ。

なんか細かい事件でスマソ。
でも、そ~いう小さな事件がプチ虎馬になってることってない?


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...