ホーム » 小説 » 小説/さ行 » 死のスワンダイヴ(スティーブン・キング)

164 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/08/09 23:25
アメリカの田舎に仲の良い子どもの兄妹がいた。
2人が夢中になった遊びは、高いところから飛び降りること。
あるとき、調子に乗りすぎた妹はとても飛び降りることのできないような
高いところまで(納屋の梁かなんかだったような)上ってしまい、
降りることができなくなった。
恐ろしさのあまり泣き出した妹に、機転を効かせた兄が呼びかける。
「ほら、下に藁をいっぱい敷き詰めたから大丈夫だ、思い切って飛び降りろ!」
妹はおかげで九死に一生を得た。
つづく

165 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/08/09 23:26
やがて2人は大人になり別々の暮らしをするようになった。
妹は、女優志望か何かだったと思うがこのあたりうる覚えスマソ、
暮らしに行き詰まるようになる。
もう何年も会っていない兄の元に妹の死の知らせが届く。飛び降り自殺だった。
駆けつけた兄は妹の遺書を渡される。
「人生にはいつも下に藁が敷き詰めてあるわけじゃないことがわかりました。
 たったひとつ確実なのは、子どものとき、お兄ちゃんが藁をいっぱい
 敷き詰めてくれていなかった方がよかったってことです」

S・キング「死のスワンダイヴ」
早川文庫「トウモロコシ畑の子どもたち」所収

この表題作もガイシュツの映画「ザ・チャイルド」を思わせる子どもホラーだった。
まあ、トウモロコシ畑の中で血染めの鎌手にニカッと笑う子どもが表紙のイラスト
(画・新井苑子 ふた昔前の早川文庫・コバルト文庫ご用達のイラストレータ)
見ただけであらすじわかっちゃうけどね。

 

ナイトシフト〈2〉トウモロコシ畑の子供たち (扶桑社ミステリー)
ナイトシフト〈2〉トウモロコシ畑の子供たち
(スティーブン・キング)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...