ホーム » 小説 » 小説/あ行 » お勢登場(江戸川乱歩)

199 名前:187 投稿日:02/08/13 11:16
前スレで乱歩の話が話題に出てたかな?「お勢登場」は後味悪いよ。

仲の良い夫婦が子供と一緒に暮らしてた。
或る日、家の中で父親が息子とかくれんぼしていた。
父親は悪乗りして箱のようなものに隠れたんだけど、何かのはずみに蓋が閉まって鍵がかかってしまった。
この箱は外からでないと開けられない。その内に息子はかくれんぼを諦め、父親は1人取り残される。
中でもがき続けて、もう駄目だ、という時に妻の「お勢」が買い物から帰ってくる。
お勢は居間で夫のかすれがすれの声を聞く。
部屋を調べ、自分の夫が箱の中に閉じ込められていることを知ったお勢は慌てて蓋を開けようとする。
ところが、蓋を外したところで、お勢は何を思ったか、
外に出ようとした夫を蓋の上から押し込んで閉じ込め、もう1度鍵を掛けなおした。
父親は窒息死。やがて箱の中から死体が発見される。箱の中には血文字で「オセイ」と残されていた。
子供が「母さんの名前ですね」とだけ言ってお勢がごまかして終了。

父親とお勢は仲が悪いわけでもない普通の夫婦として描かれている。
殺人シーンでは、蓋越しに押し込める時の描写がめちゃくちゃ気持ち悪いし、
お勢の動機が直接的に描かれていないのも後味が悪い。
最後に子供が気づいてるのか気づいてないのか、判別し難いところも。

 

人間椅子 (江戸川乱歩文庫)
人間椅子
(江戸川乱歩文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...