ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その6 » クラスの嫌われ者

27 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/09/10 22:15
A君は生まれつき右腕がありませんでした。
そのため中学校や高校でL君に気持ちわりーなおめー、などといわれ
「妖怪」というあだ名をつけられていました。

ある日隣の席のL君が「あのさー、ちょっと聞きたいことあんだけど」といいました。

するとA君は「なんか用かい?」といってしまいました。

Lは「妖怪が用かい?だってよー。つまんねー!!」と馬鹿にしてはやし立てました。
Lがあまりにしつこくうるさく言うので

Aは切れてしまいLに襲いかかってきました。
「おらっ、おらっ、おらー」

たこ殴りにされるL。なんとか反撃しようとするが、
次々にパンチがくりだされてくる猛攻にLは思いました
「あれっ、Aは片腕なのになんで。。。」

薄れ行く意識の中でLが見たものは。。。。
Aと一緒になって殴っているクラスのみんなでした。

クラスの嫌われ者はLだったのです。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...