ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その7 » 桜桃の味

260 名前:242 投稿日:02/11/10 21:45
私が別の意味で後味が悪かった映画は、
名作の誉れ高いカンヌ映画祭受賞作品「桜桃の味」。

荒れ地を車でさまよっている主人公。
彼は、夜のうちに自分で掘った穴の中で自殺し
朝になったらあらかじめ雇っておいた一般人に
死体を埋めてもらう・・・という計画を立てている。
しかし、そんな依頼を受けてくれる人間はなかなか現れない。

やがて請け負ってもいいと言う老人が現れるが
老人は自身が自殺を思いとどまった時のエピソードを語る。
しかし無理に思いとどまらせる事はしない。
そして夜は更け、ついに約束の朝が───────


261 名前:242 投稿日:02/11/10 21:46
すると、突然視点がその映画自体のロケ風景に切り替わり
物語の結末は明かされないまま終わる。

( ゚д゚) ・・・・・・
バッドエンド・もしくはそのまま曖昧なラストの方が
ずっと後味が良かったに違いない・・・


262 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/11/11 12:14
>>260
そんなラストだったのかー
前NHKで観たとき、老人が一通り語り終わったトコで寝入ってしまって最後がわからんままだったんよ
映画の名前もうろ覚えだったし、自分的にかなり後味イクナイ映画でした。
なんかすっきりしてしまった・・・。

 

桜桃の味 [DVD]
桜桃の味 [DVD]


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...