ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » 赤い蝋燭と人魚(小川未明)

438 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/06/10 03:00
人魚というと、思い出す後味の悪い話。
小川未明の「赤い蝋燭と人魚」
ttp://www.choryo.jorne.ed.jp/area/ogawa.html
◇あらすじ
北の海に住む女の人魚が人間世界に憧れて、
自分の子供だけは人間世界で幸福に育ってほしいと
子供を浜の神社の下に産み落とした。
ろうそく屋の老婦人がその娘を拾って育てるが、金に目がくらんで香具師(やし)に売り渡すと、
嵐が起こって娘を乗せた船は沈み、浜辺の神社は鬼門と呼ばれるようになりふもとの町も滅びてしまう。

絵本で読んで幼心に「(;´Д`)」となった。先に読んだ西洋の人魚姫もかなり後味悪いし…。

 

小川未明童話集 (新潮文庫)
小川未明童話集 (新潮文庫)
赤い蝋燭と人魚(絵本)
赤い蝋燭と人魚(絵本)
赤い蝋燭と人魚 (若い人の絵本)
赤い蝋燭と人魚 (若い人の絵本)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...