ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その14 » 杉並少年通り魔事件

35 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/10/05 03:37
昭和38~39年の「杉並通り魔事件」は後味の悪い事件だと思う。
ttp://www.geocities.com/kangaeru2002/

特に、13歳で性器を切断されてしまった少年の
その後の人生を思うと鬱。


36 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/10/05 13:23
>>35
犯人の精神鑑定読むと鬱度倍増ですな。
自分は注射程度で痛がるくせに、他人を傷つけるのは平気。
無罪か執行猶予を希望と堂々とぬかす。
さらに「被害者とその家族に許してもらいたい。賠償なんか求めなければいい」とも。
誰かこいつの性器切断して欲しい。

37 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/10/06 00:14
>>36
ほんと、こういうヤツには、他人の痛みがどれほどのものか
よぉーく知ってもらうために、ゆっくり少しづつ体のあちこちを
切り刻んでってやりたいね。もちろん麻酔無しで性器切断も。
そうすりゃ少しは人の苦しみがわかるだろう。

38 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/10/06 00:59
>>37
自分の快楽のために殺人やレイプをする奴も精神的な病か脳の障害で
人の痛みが分からないのだから本人を責めてもどうしようもないだろ。
復讐したい気持ちは分かるがそんな簡単な問題じゃないところが
何とも後味の悪い話。

40 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/10/06 01:27
とりあえず被害にあったらどっかに連れ込まれる前に叫べってことだな。
誰だっけ、子供に「とにかく叫べ、抵抗しろ」って本に書いた殺人鬼。

41 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/10/06 12:26
>>38
そういう人を研究して、
同じ性質の人が犯罪に走らないようにする方法を確立しなきゃなんないんだけど
(そうすれば、同じ性質の人が生まれても殺人者にはならないので結果殺人が減る)
事件にならないと研究が進まないから、研究の結果殺人犯にならないための方法が確立する前に
「その性質=殺人」のイメージが世間に定着してしまって、もっと後味の悪い結果に…

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...