ホーム » 小説 » 小説/ま行 » 醜い花嫁(シャリン・マックラム)

502 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/11/02 19:23
「醜い花嫁」 シャリン・マックラム

連続強盗殺人犯にして、死刑囚のケニー。
彼と文通を続け、獄中結婚することになったヴァーニーは死刑廃止を訴える女性運動家だ。
2人はケニーの処刑2週間前に式を挙げる。詰め掛ける報道陣。

ヴァーニーの目的は、運動家として名をあげ、
「殺人鬼の花嫁」の手記やインタヴューでもうけること。
すでに新聞社や出版社が彼女に群がっている。
ケニーを愛するどころか嫌悪しか感じていないヴァーニー。
金網ごしの安全な場所から動く気などないのだ。
邪魔な男はすぐに消えてくれる・・・。

2人が指一本触れ合うこともなく迎えた処刑当日。
悲劇のヒロインを演じるヴァーニー。だがケニーの弁護士は意外な知らせをもたらす。
「夫のために懸命なヴァーニー」に心うたれ、警察の小さな手続きミスを訴えた警官がいたことを。
その手続きミスのおかげでケニーは釈放されることを。

絶叫するヴァーニーを、居並ぶテレビカメラがとらえた・・・。

いろんな意味で、後味悪し。

 

英米超短編ミステリー50選 (光文社文庫)
英米超短編ミステリー50選
(光文社文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...