ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » ナルニア国物語(C.S.ルイス)

780 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/11/18 19:11:44
別にオカルトじゃないんだが

指輪物語と並ぶ有名な児童文学『ナルニア王国物語』のラスト
列車事故で主要人物全員アボン

まぁ、アスランというその話の中で神様みたいなライオンの国(完全な良い国)に入るために
こちらの世界から旅立つんだけども

一人だけは『は?アスランなにそれ?も、みんな子供じゃないんだから御伽噺なんていい加減やめようよ』
ってなってたため、アスランの国に入れない(=こちらの世界で唯一生き残る)

なんとうか、もう、_| ̄|○


787 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/11/18 19:59:12
>>780
その酷い結末が気になって検索してみたんだけど
そこらに触れてくれている記事が見当たらなかった
余計に気になって後味が悪いw
そう言えば小学生の頃、第一巻目だけ読んだなっていう記憶が蘇ったよ
ディズニーが映画化させるって話があったけど本当なのかな?

788 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/11/18 19:59:59
>>780
つか、あれは生粋のキリスト信者が書いたマンセー物語だから。
書いた順番で四巻あたりまではファンタジーだったが
途中から脇に逸れて他宗教叩きまで入ってくる。イスラム叩きだな。
最終巻はファンタジーそっちのけでキリストマンセー。
んで神の国に旅だって幸せエンドだ。

リア消防で読んだ当時はハァ?ってラストだった。
日本人には、死んで神の国に行って幸せっつーラストは理解できん。


790 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/11/18 20:05:42
>>787
途中で姉が離脱する描写はあるんだよ。
成長してお伽噺に付き合ってられないとナルニアを
信じなくなるんだな。そんな話しより化粧や恋愛だと。

兄も妹を信じないが、兄はナルニアを信じて帰ってくる。
姉は一度は帰ってくるが、やはり去っていく。
=姉は神を信じない不信心で堕落したって話し。
ようは姉一人だけまともな大人になったってことだ。
残りの三人は宗教かぶれの電波で死んじまったんだな。

そうそう、最後に神の国に入れる人間と入れない人間が出てくる。
ナルニアでの神=キリストを信じない邪教徒達は滅びる。
ここが一番後味悪かった。神っつーんなら救ってやれよと思ったもんだ。

 

「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り (岩波少年文庫)
「ナルニア国ものがたり」全7冊セット
美装ケース入り (岩波少年文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...