ホーム » 小説 » 小説/わ行 » 笑う唖女(夢野久作)

133 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/12/04 22:14:53
夢野久作の「笑う唖女」

有望な青年医師が、性欲に流されて精神障害の上、口も聞けない女と一度だけ関係を持つ。
女はその後行方不明になり、唯一の肉親である父親も死ぬ。
医師は名家の美しい女性と結婚、ところがその婚礼の晩、妊娠した女が現れる。
女は医師に臨月の腹を指さし、笑いかける。
自分の子が女の腹に・・・発覚を恐れた医師は、深夜女の元へ。
女を子供ごと毒殺しようとするが、不審に思い後をつけた花嫁に見られてしまう。
結局自分が毒を飲んで自殺することに。

 

夢野久作全集〈4〉 (ちくま文庫)
夢野久作全集〈4〉
(ちくま文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...