ホーム » 小説 » その他書籍 » 請求書

387 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/05/23(月) 16:39:32
後味の悪い話道徳の教科書バージョン。
ある日たかし君(仮名)がお母さんにメモを渡しました。
請求書
お買い物お手伝い代 50円
部屋のお掃除代   50円
庭の草むしり代   50円
合計       150円

お母さんはくすりと笑うとメモを黙って受け取りました。

後日、お母さんはたかし君にメモを渡しました。
請求書
学校費   0円
飲食費   0円
洋服代   0円
合計    0円

「僕お小遣いはいらないよ!」
メモを読むと、たかし君は泣きじゃくりながらこう叫びました。

いやいやいや。確かにそうかもしんないけど、読んだときは
ちょっと引きまくりの話だったなぁ。
・゚・(ノД`)・゚・お母さん


389 名前:387 投稿日:2005/05/23(月) 16:48:53
小学生に読ませる話か?
これから社会人になる奴とか、遊んでばかりにぼんくらに聞かせる話じゃないのかな?
と言うのが読後の第一印象。

390 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/05/23(月) 16:53:01
>>387
普通に金額請求しても通りそうな話だね。

後日、お母さんはたかし君にメモを渡しました。
請求書
学校費   15000円
飲食費   5000円
洋服代   5000円
合計    25000円

「僕お小遣いはいらないよ!」
メモを読むと、たかし君は泣きじゃくりながらこう叫びました。


391 名前:人形細工 ◆vESY7K4lxQ 投稿日:2005/05/23(月) 16:56:10
>>387
それ見覚えある。
それ読んで大人気ないなと思った事を思い出した。
リア消の頃だから14~7年前か。

403 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/05/23(月) 18:10:30
>>387

それって食費とかリアルな感じのじゃなくて

たかしくんが熱を出したとき優しくしてあげた代…0円

みたいなかんじじゃなかったっけ?お母さんはその請求書といっしょに、
たかしくんが手伝いの報酬として求めた500円も添えて渡したはず。

別に後味悪い話じゃなかったよ。真心は換金できないみたいな感じで。

わかりにくくてごめん。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...