ホーム » 小説 » 小説/さ行 » 食料危機(杉山昌善)

607 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/05/25(水) 17:27:03
昔、ショートショートの広場で読んだやつだったかな。

 牛の言葉を翻訳する機械が発明される。
 まず初めに試してみる。
「私を食べないで。人間は残酷だ云々」
 みたいなことを言う。
 それが報道されて、世界中で牛肉食禁止運動が広がり、世界中から牛肉食が無くなる。

 その後、豚やら鶏やら羊やらの言葉を翻訳する機械が発明されるが、みんな同じことを言う。
「私を食べないで」
 世界中から肉食が無くなる。

 さらにその後、別の科学者が、植物の言葉を翻訳する機械を発明する。
 小麦の言葉を翻訳してみる。
「私を食べないで」

おわり

タイトルは「食料危機」

 

ショートショートの広場〈2〉 (1980年)
ショートショートの広場〈2〉
(1980年)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...