ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その29B » 死ぬよ

289 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/07/12(火) 10:42:15
ある日コージは友達4人と車でドライブに出かけたんだ
ラジオかけながらキャベシ太郎食ったり、それはもうわいわいと楽しく。
途中、山道を通ったんだ。ガードレールはあるが、右側はまぁ崖のようになってて
対向車が無かったので運転してた友達はふざけてガードレールギリギリを走ってたりしたんだ。
そのままカーブに差し掛かった、その時だった
「死ぬよ」
小さかったが、確かに声が聞こえた
コージが「誰か今〝死ぬよ〟とか言うた?」
と聞いたが、みんなは首を横に振った。
その時は空耳かな~で済ませたんだが、次のカーブでもまた
「死ぬよ」小さな女の子のような声が聞こえた
今度は他の奴も聞いていたらしく、みんな青くなった。
気味が悪くなったので一度車を止める事にした。
「…今からどうする?」
友達の一人がぼそりと呟いた。戻るには少し遠すぎるが、先に進
むのはもっと嫌だった。みんな黙り込んでしまった。
その時      ドンドンドン!
誰かが車の窓を叩いていた。状況が状況だったのでメチャクチャびっくりしたが
よく見ると普通のおじさんだった。しかしよくみると泥だらけである
「あんたら、大丈夫か!?この先の道で土砂崩れがあったんだ!」
みんなでゾッとした。土砂崩れがあった場所は。
今車を止めなかったらちょうど巻き込まれていたぐらいの距離だった。
「あの声が助けてくれたんかなぁ…」
そう思って、みんなで暗がりの方へ向かって手を合わせた
厳かな気分になっていたその時、またあの小さな声が聞こえた。

「死ねばよかったのに」


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...