ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その31 » 一つ目

69 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/08/15(月) 02:05:06
飲んだあと午前1時頃にフラフラ歩いてたところ、
一人のホームレスがぼーっと立ち尽くしていた。
繁華街では珍しい光景では無かったが、
暖かいのにジャンパーのフードをすっぽりかぶっているのが気になった。
通り過ぎるとき、ふと顔を見ると、仰天して心臓が止まりそうになった。
目がひとつしか無かったのだ。片目を無くしているのではなく、真中にひとつだけ眼があるのだ。
人として最低ではあったが、心の底から驚き、いっぺんに酔いが醒め、逃げるように立ち去ってしまった。
ちょっとしてから、非常に申し訳なく思い、また気の毒に感じた。
彼がホームレスになった経緯もそれとなくわかるような気がして。
想像を絶するような試練を抱えて生きている人がたくさんいる。そう思うと何とも言えない気持ちになった。

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...