ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その31 » 不毛な愛

135 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/08/17(水) 10:47:14
随分昔に読んだ少女漫画で、納得いかないのがあった。

可愛いキャサリンと、恋人ロジャー(だったかな)は、相思相愛。
高校生くらいだけど人もうらやむカップル。しかし
ある時、少々年上くらいに見える妖しい美女が現れ、二人の邪魔をし始める。
主にキャサリンの命を狙っているようで、ロジャーには
「私を思いだして…」のような事を言う。最後に二人は、美女を古城に追いつめる。
そこで美女が明かすには、ロジャーと自分は、古代ローマくらいの時代に生き別れた恋人同士。
ロジャーが事故で死んでしまい、必ず来世で結ばれようと誓ったという。
それから、二人は何回も転生して巡り会ったが、戦争があったり事故ったりで、いつも悲恋。
そして現代、やっと美女はロジャーを見つけた。キャサリンという恋人と一緒に。
美女は必死に訴えるが、ロジャーは思い出せない。
美女の前でキャサリンを抱きしめ、今はキャサリンを愛していること、
美女と一緒に行く気は無いことを告げる。ショックを受ける美女。
城は崩れだし、泣きながら美女は二人の目の前で、砂のようになってくずれて消えた。
それから、10何年。結婚したキャサリンとロジャーは、海辺の小さな田舎町で
幸せに暮らしていた。だがある日、畑仕事をしていたロジャーの手がぴたりと止まる。
「どうしたの?」と心配するキャサリンの声は耳に入らず、「思い出した…」とロジャー。
「思い出した!僕はきみだけを愛していた!今、きみのそばに行くよ!」
ロジャーは美女の名を呼びながら崖から身を投げ、帰らぬ人となった。
葬儀で、悲しみにくれるキャサリン。だが自分の愛も、あの美女と同じくらい深いと確信。
霊前に、キャサリンは誓うのだった。私はあなたを追う。
私はまたあなたに巡り会うまで、生まれ変わる。何度でも、何度でも…。

子ども心に、愛ってこんなに不毛なものかと暗い気持ちになりますた。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...