ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その32 » 心美体健始末人(明智抄)

452 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/09/06(火) 18:43:20
明智なんとかって、少女漫画(花と夢?)で
「~始末人」シリーズ書いてた人かな?
あれで初めて今でいう「片づけられない女」を見て「さすが漫画~w」と思ったもんだが…。

一応あらすじ(うろ覚え)
顔を隠した依頼者xが始末人に殺人を依頼。
そのターゲットは、たまたま始末人のお隣さん(奥さんが標的っぽく臭わしてる)。
夫婦仲は良さそうだが、奥さんは片付けられない女で
始末人が「あの奥さん、背中にうどんのきれっぱし付けて歩いてんだぜ?」
と言う位部屋が汚い。が、旦那は「気にならない」と奥さんを慰めてる。
その旦那さんが事故(?だっけ)で入院することに。
(しかもどうやら浮気していたようで女が同乗していた)
奥さんは、義母が出てくるので部屋を片付けざるを得ず、
ひょんな事から始末人が手伝う事に。
数日後、やっと片付けが終わったとこに義母が訪ねてきて
「今まで何やってたの、連絡もせず!あの子(旦那)は死んだわよ!」


453 名前:続き 投稿日:2005/09/06(火) 18:43:52
で、また依頼者とxと始末人のシーンになるんだけど、
最初のシーンで、その依頼者は「旦那もしくは旦那の浮気相手」か?
標的は「奥さん」か?と臭わしてるんだけど、実際は依頼者が奥さん、
標的が旦那で、汚部屋も旦那の浮気への復讐だった。
「ターゲットは事故死したから、依頼はキャンセルか?」と始末人が尋ねると
奥さんが「いいえ、改めてxxをお願い…」

で始末するんだけど、xxが誰か忘れた。ゴメン
で、何が後味悪いってと、一見仲がいい夫婦が~というのが
まだ消防だった自分にウヴェアになったと。
とあの汚部屋が20年後にこんなに一般的になってる事か…。


459 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/09/06(火) 19:43:37
>>452
それ最近文庫出たような。

不条理ってのの走りだったのかもしれないけど女性が美容院で
美容師に酷い目に遭わされるエピソードが怖かった。


460 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/09/06(火) 20:07:26
>452
コミクスもってる
昔読んだ時は、こんな人いないって、と思っていたが、
大人になったら山のようにいて驚いた
しかも、みんな旦那が浮気していた…

ちなみに依頼したXXは浮気相手で、奥さんの親友
結婚する前からの関係だった
汚部屋は復讐と思われていたが、
その奥さんは結婚前から片付けられない人という
オチがついていたww


461 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/09/06(火) 20:39:24
>452
「心美体健始末人」ですね「鳥類悲願始末人」内に収録されてます。
旦那の浮気相手が奥さんの友人だったこと、奥さんがずっとそれに気づいていたことが
話のラスト近くになってわかるのですが、そのへんからのドロっとしたモノローグはとても少女向けとは思えん。

 「夕貴(旦那)が遅くなった日は
 私 愛子(友人)に電話を入れる事が出来なくなった
 嫉妬心と猜疑心は電話のケーブルを伝うと思った 私は電話が怖くなった」
 「私はそのうち電話恐怖症を克服した
 夕貴が遅くなるたびに 私は愛子の部屋に電話を入れた
 そうしてとりとめのない話題を 最終電車の時間まで続けた」

 「だって愛子が私を憎んでいたんですもの 私だって憎まないわけにはいかないじゃない」
 「あなた(愛子)が私を憎んでいるよりもずっと 私はあなたを憎んでいたもの
 だからあなたよりももっとひどい仕打ちが出来るのよ」
 「憎んでたのは私の方 可哀想なのは私の方 一番傷ついていたのは誰より私だったのよ」

旦那との関係よりも、主人公と友人との愛憎が話の重点だったんだなと今読み返して思う・・・
曲がりなりにも少女マンガ雑誌で、この泥沼友情+不倫劇と
「カーペットにごはんつぶがこびりついた汚部屋」編集部どうかしてるw

 

鳥類悲願始末人 (ソノラマコミック文庫―始末人シリーズ)
鳥類悲願始末人
(ソノラマコミック文庫―始末人シリーズ)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...