ホーム » 小説 » その他書籍 » 不明

757 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/10/12(水) 01:33:32
この間電車で後味悪い光景を見た。

昼過ぎの都内の地下鉄にて。
4、5歳の男の子とその母親、それにその母親の友人らしき女性の三人連れがいたんだけど…
女性二人はシート3、4人分占領して、メイク道具やら何やら広げてくっちゃべってた。
男の子がいくら話し掛けても、母親は友達と話に夢中でシカト。
相手して貰えない男の子はやがて席を離れ、ドアの窓を覗いたりして車両内をうろうろ。
(特に騒いだりはしていない)
しかし友人が携帯をいじりだすと、母親は話相手がいなくなったので、
漸く子供がふらついてる事に気付いた。
途端、母親は履いていたサンダルのヒールで床をガツンと蹴り鳴らし、
「何やってんだこの馬鹿野郎ぉぉっ!」
と男の子に怒鳴った。
男の子は慌てて席に戻ったが、降車駅まで母親に大声で説教されこづかれていた。

一番後味悪かったのは、母親が、
友達と喋る時は~だよねぇーあははってな感じに普通に可愛く喋れるのに、
男の子に対しては常に汚い言葉でゴルァ喋りだったこと。
キツイ口調をしつけと勘違いしてるのか?
ひたすら黙って目に涙溜めながら、母親の罵詈雑言を聞いてる男の子が可哀想だった。
そんな怒るなら、放置するなよ。
あと、母親の履いていたサンダルが、自分の好きなブランドのだったのも何か厭だったな。
可愛いハイヒールのサンダルが、あんなに醜く見えた事は未だかつて無かったよ…


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...