ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その41 » ベルセルク/蝕(三浦建太郎)

66 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/02/04(土) 21:30:05
既出だろうが、やはりベルセルクに勝る後味の悪さの漫画はなかなかないだろう。
十数巻にも渡って丁寧に主人公と親友・恋人・仲間との出会いや交流を描いておきつつ、突然怒涛の展開に。
美しかった親友は凄まじい拷問で手足の腱はえぐられるは舌は引っこ抜かれるわ
皮は剥がれるわで廃人化したうえ、しまいにゃ救い出してやった親友の裏切りにあって、
恋人(主人公の子供妊娠中)は輪姦されまくってキチガイになり、
主要な登場人物(仲間)もほぼ全員惨い殺され方をされて壊滅。
全く予備知識なく4巻くらいから漫画喫茶で読み出して、
蝕の巻にさしかかったときには放心状態になってしまった。

67 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/02/04(土) 21:34:08
そこから始まるストーリーだから

68 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/02/04(土) 21:46:33
まぁベルセルクは鷹の団編(>>66の書き込み)あっての復讐譚だからな

 

ベルセルク (12) (Jets comics (629))
ベルセルク (12)
(Jets comics)
ベルセルク (13) (Jets comics (647))
ベルセルク (13)
(Jets comics)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...