ホーム » 小説 » 小説/さ行 » 女王様と私(歌野晶午)

157 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/02/19(日) 04:11:18
妄想落ち確かに多いかもしれない
「女王様と私」も妄想落ちだが後味悪すぎる

主人公がツンデレ幼女と楽しく日々を送っていたところ
覚えの無い連続幼女殺害の罪を着せられ逮捕。
そこでいきなり今までの事が全て妄想だと判明。
(副題に思いっきり妄想と書かれてはいるが)
でも辛いからとここで妄想を打ち切ったら真実はわからない。
妄想の中と理解しつつも推理に励む。

そして最後に謎も解け現実に戻る。
現実では主人公は本当に幼女拉致殺害犯で、
ニートな主人公に説教する両親を殺したところ。
警察に逮捕されるが、妄想してりゃ刑期なんてすぐに終わるさでエンド。

 

女王様と私 (角川文庫)
女王様と私 (角川文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...