ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その42 » ピタゴラス

385 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/02/22(水) 10:53:17
ピタゴラスにまつわる話

ピタゴラスは、この世の物は全て数字で表すことができる。
つまり「万物は数である」と言った人物である
だがピタゴラスとその門下生は、二辺の長さが1である直角二等辺三角形の斜辺が
ルート2という無理数であることを発見してしまう(有名なピタゴラスの定理ね)

(無理数とは循環しない無限な少数のことらしい)

ピタゴラスは√の存在を認めることができず、√の存在を知る門下生達を殺してしまったとさ

高一の時にこの話を先生から聞いてから√が大好きになりました


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...