ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » アンカー

647 名前:1 投稿日:2006/03/14(火) 17:55:27
子供向け短編集に載ってた話

主人公は太っている少年、小学生。
足が遅いのでもうすぐ来る運動会は憂鬱でしかない。

ある日TVで
「クラス全員リレーで、「足が遅い子をあえてアンカーにして
 (大概アンカーと先頭は1,2番目に早い奴にやらすよね)
 1等のテープを切る体験をさせてあげよう」とクラスで決めて、
 実際その通りの結末になる感動のドキュメント」
が放映される。

案の定少年のクラスもそれに感化される、
選ばれたアンカーは勿論少年。


648 名前:2 投稿日:2006/03/14(火) 17:56:02
ドキュメントと違って少年は別にテープを切ることに興味も執着も無く、
正直迷惑なのだが、盛り上がるクラスメイトには逆らえず、
運動会当日まで早朝特訓とか、
苦手なかけっこの練習をさせられ続ける
(普段なら練習で遅い奴はマターリできるのに)。
それだけでも辛いのに足の速いクラスメイトには
「おまえのせいで俺がアンカーになれなかった」等と
嫌味を言われたりもする。
「僕が望んだことじゃないのに」と思いつつ耐える少年。

なんやかんやあって運動会本番では、少年は1位でゴールする。
笑顔で駆け寄るクラスメイト達。
しかし少年の心には喜びは無く、
「これでゆっくり休める、ゆっくり眠れる」
という、苦行からの開放感と虚しさでいっぱいだった。


649 名前:3 投稿日:2006/03/14(火) 17:56:37
自分も小学生の時に読んだんでウロ覚えでスマソ。

「主人公君も嬉しいよね!」とか「主人公君のためなんだから!」
と、気が進まない主人公に自分たちの善意を押し付けまくるクラスメイトと、
その数の暴力に黙って押し流されるしかなかった少年の心中の
すれ違いがなんとも後味が悪かった。
リーダーが盛り上がって扇動すると止まらない辺りとか。


651 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/14(火) 18:06:56
あー、でも1位になれてまだよかった……
これでビリッケツでクラス全員から白い目、なんて最悪だw

自分も運動音痴でリレーの時は変に応援されてプレッシャーだったから、少年の気持ちが分かる。


655 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/14(火) 18:36:45
>651
レス読んで当時の心境思い出した、
>これでビリッケツでクラス全員から白い目、なんて最悪だ
と思い「どうか1位になれますように!」と祈りながら読んでた。
一応その通りにはなったものの、
主人公当人だけはハッピーエンドの蚊帳の外というのも
二重に後味悪かった。

同じシリーズで、
小さい妹か弟が居る姉が、忙しいお母さんの代わりに
昼御飯を作ってあげるという話も後味が悪かった。

姉は、内心は母親が下の子にかかりっきりで寂しくて、
お手伝いしたら母親に褒めてもらえるかも、という思いがあった。

姉は家庭科で習ったホットケーキを一生懸命作る、
小さいのを作って「これは○○ちゃん(下の子)のだね」と
下の子のこともちゃんと考えてる。
一番きれいな形のを「これはお母さんのにしよう」と大事に焼いていると、
下の子が「おなかすいたー」と騒いで泣き出す。
すると、お腹が空いてぐずっていた下の子にイラついてたらしい母親が
「ああもうさっさとしなさいよ!」と
姉が母親のために焼いているホットケーキをざくざく切って
下の子に与える。下の子はウマー。

その光景を見て泣き出す姉、何で泣いてるのか解らないという風情の母。

で、終わり。
確かに作者は何を言いたかったのか……。


658 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/14(火) 19:10:36
うわ泣けるわー。
子供向け短編集といいつつ親や先生向けなんじゃないかな。

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...