ホーム » 小説 » 小説/タイトル不明 » すれ違う二人

820 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/17(金) 19:50:38
まあちょっと気分変えて、海外SFの後味悪かった短篇でも投下するね。
長きに渡る異星との戦争を終えて、何年かたった平和な地球。
かつての敵の異星人とも仲良く交流が生まれている。
主人公は、戦時中スパイとして働いた地球人男性。
同じく敵のスパイだった女性と恋愛し、戦後、結婚。
たが子どもが生まれた時、夫婦間に危機が。
実はこの異星人というのは、アメーバのようなどろどろベタベタの粘体生物。
妻は地球に潜り込む時、一定時間のみ地球人の姿になれる手術を受けており、
主人公はその時に恋に落ちた。一方、主人公のほうも敵の星に潜入するにあたり、
一定時間、ドロベタアメーバの姿になる手術を施されていた。
ドロベタになっている時はすごく不快なのだが、元には戻れない手術だった。
それはもとより覚悟の上だったので、地球人の姿に戻れる時を有効に使い、
主人公は妻との生活に踏み切った。だが生まれた子どもたちは、遺伝子の強さの関係で、
みな母親の体質に近く、一日中アメーバ状態だった。我慢できず激怒する主人公。
妻が、定期的に本来の姿になる事までも責め、その醜さ、不快さをののしる。
妻は妻なりに、愛に準じて慣れない姿で生活し、地球で生活しているのだった。
その心は深く傷つき、2人は別居する事に。もう全てお終いかに見えた。
だが主人公はやはり妻を愛していた。医者の友人などと相談し、ある決断に踏み切る。
一方、やはり妻も病院に行っていた。何日かの入院の後、担当医と話す妻。
「よく決心されましたなあ。貴女にはお辛いことでしょう。」
「ええ、でも私、やはりあの人を愛しているんです。」
一度手術を受けた彼女が選べる道は2つあった。そのまま不安定な体質でいるか、
地球人の姿に固定してしまうか。その場合は、もう二度と元の姿には戻れない。
彼女は後者を選んだ。子どものことは、冷静に話し合うつもりだった。
家に向かう彼女。夫はどんなによろこんでくれるだろう…。
その頃。夫も友人の医者と話していた。「本当に良かったのか?」と医者。
「もちろんさ。どんなにアイツは喜んでくれるだろう」
床の上には、もう二度と人間の姿には戻れない、アメーバ姿に固定された夫…。

829 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/17(金) 20:32:02
自分だったら、アメーバ固定で戻ってきた旦那に、
もう何も言ってあげられないよ。
「賢者の贈り物」は、最後に2人が微笑み会うラストだったと思うけど
これはとてもそうは行かないだろうし…
下卑た話、お二人はもう二度とセクースも出来ないのでは…

830 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/17(金) 20:51:45
つまり取り返しの付かない事を決断する時はしっかり相談しろという事だな

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...