ホーム » 小説 » 小説/か行 » 賢者の贈り物(O・ヘンリー)

822 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/17(金) 20:07:53
昔話かなんかで、貧しい夫婦の奴で似たような話あったな。

クリスマスのプレゼントを愛する妻へ贈りたいと思っている夫。
しかしお金が無い。
しょうがないので、夫は自分の大事にしていた金時計を質に入れて、妻のために櫛を買ってあげる。
意気揚々と家に帰り、妻の姿を見たら美しかった髪が短く切りそろえられていた。

どうしたんだ?と聞くと「髪が邪魔だったから・・・。ああ、あなたにプレゼントよ」と妻は言うと
夫が大事にしていた金時計につけるチェーンだった。
どこからそんなお金、と考えてみた夫は、妻が自分の美しい髪を切って売り、
夫へのプレゼント用のお金を工面した。

っていう話


823 名前:鄒衍 ◆1r9ftBlSms 投稿日:2006/03/17(金) 20:12:41
O.ヘンリの短編だな。

 

1ドルの価値/賢者の贈り物 他21編 (光文社古典新訳文庫)
1ドルの価値/賢者の贈り物 他21編
(光文社古典新訳文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...