ホーム » 小説 » 小説/か行 » 叶わぬ想い(蘇部健一)

139 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/24(金) 00:26:24
最近読んだ、後味悪いタイムパラドックスもの。
タイトルは「叶わぬ想い」作者は前スレにも出てた蘇部健一。
8年前、9歳の少女が誘拐されて殺され、
その母親も後を追って自殺するいたましい事件があった。
父であり夫であった大榎薫38歳は、事件直前の過去にもどり、
悲劇を回避したいと切望する。
科学者の沼田博士を手伝い、タイムマシンを完成させる大榎。
博士からタイムパラドックスに関しての細かい注意を受け、
いよいよ危険な実験台も兼ねて、過去へ飛ぶ日がやってくる。
娘を救う以外は、何も過去を変えてはいけない。
結果の分かっているギャンブルに手を出してはいけない。
事件が起きなかった幸せな家庭に、一切干渉してはいけない。
特に、過去のもうひとりの自分には絶対会ったり話したり、
とにかくどんな形でも、接触してはいけない。
このため、端正な顔立ちの大榎は、念のために整形までして
別人のようになっていた。過去に行けば戸籍もない。

つらい生活になるだろう。しかしそれも覚悟の上だった。


140 名前:139 投稿日:2006/03/24(金) 00:28:09
タイムマシンは無事に作動し、事件当日の過去に着く大榎。
犯人の吉田の車や誘拐場所については、大体わかっていたため、
大榎はすぐ吉田を見つける。元から少女たちを隠し撮りしたり
している変態で、娘はその犠牲になったのだ。
犯行を防げばそれで良かったのだが、いろいろ考えている内に大榎は
我慢できなくなり、犯行前の吉田に襲いかかり殺してしまう。
大榎は逮捕されるが、身元さえ明かさないがおとなしくしていた事、
また吉田の元々の性癖が解ったことなどで、少し好転。
一応懲役を言い渡されるものの、本人は穏やか。
この後、過去の自分が犯罪でもしたら、指紋が同じなので
やっかいだとか思いつくが、それは考えない事にして。
そして時が流れ、8年後、彼は出所した。
記憶喪失が認められ、新しい名前と戸籍も与えられた。
これで、あとは一生家族に会わないようにさえすればいい。
気の晴れた彼は、取りあえず、酒を飲みたいと思った。

141 名前:139 投稿日:2006/03/24(金) 00:29:04
何軒目かで知り合った女性と意気投合した大榎は、彼女のアパートへ。
もう40半ばと思われる厚化粧の女だったが、大榎は女に飢えていたし、
なぜかとても懐かしい感じがしたのだ。
女は、離婚して子どもの養育権を先方に取られたとかで
寂しがっていた。また大病をしたのか、大きな手術をしたばかりという。
最近は、家庭環境のせいか、ひとり娘も荒れ、援助交際など
しているという。それを聞いて、自分の娘が心配になる大榎。
だが助かった後は彼女の人生だと、もう考えない事にする。
その夜ふたりは激しく愛し合い、満足の内に眠りに落ちた。
夜が明けたとき、女はまだ眠っていた。
大榎は、ステキな思い出をありがとうとメモを残し、出発する。
第二の人生、上々のスタートである。
これで、もう一人の自分に会わないよう気を付ければ、
もう何も悲劇は起こらない……。足取り軽く去っていく彼。
彼は気づかなかった。
たった今出てきたばかりの、女の部屋番号のポストに書かれた名前を。
懐かしかった顔…一人娘は援助交際…そして大きな手術。
ポストに書かれていた女の名は……「大榎薫」。

144 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/24(金) 01:02:54
>>141
性転換した自分と会ったってこと?

151 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/24(金) 01:51:53
>>148
「娘を救うために犯行を阻止する」以外の事をした報いなんじゃないか? 
未来の大榎が心変わり(吉田殺し)したから、
過去の大榎は体(性別)が変わってしまったのかもね。
娘の幸せを性転換した大榎が壊しているのが後味悪いな。

182 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/24(金) 21:13:03
性転換した自分との濃厚なエチーが後味悪いとした上で、
>>151の解釈が正しいのではないか?
心情はどうあれ、結局殺人など犯してしまった主人公は、
過去の自分の境遇を大きく変えてしまい、
結局は妻と娘を不幸にしてしまったと。
厚化粧の女が妻なら、離婚してるんだから表札は夫の名前のはずないし、
8年前の過去に行って8年服役していたんだから、
主人公はもと居た時代に帰ってる事になる。
離婚が成立するほど、失踪騒ぎなんかになってるはずもないと見るがどうか。

198 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/25(土) 02:37:23
変わり果てた妻だと思うよ。性転換とかはちょっと飛躍しすぎ。
原作見てみたら以外にそうなのかもしれんけど、あのレスだけではそれを想像する
だけの条件が揃っていないと思う。

201 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/25(土) 03:17:23
>>198
女は離婚してるんだからさ、それだと表札の説明がつかない。
性転換じゃなきゃ、手術の話とか挟む必要ない気がするし。
最初の方の主人公の描写で、端正な顔立ちとあるのもその伏線だと思えた。
現実問題としては、突飛な気もするけど、小説だし…

 

六とん2 (講談社文庫)
六とん2 (講談社文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...