ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その44 » 巴の面(手塚治虫)

390 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/28(火) 08:44:42
そういや、手塚治虫の漫画でこういうのがあったな。

あるお殿様が結婚しようと思い、二人の女性から選ぶことになった。
一人は美しい女だが、もう一人は醜い女だった。
そして、殿様は「心が綺麗な女がいい」ということで醜い女を選んだ。
しかし、その殿様は近視か何かで結婚した後に
予想以上の女の醜さに気付いて、あまり顔を合わせなくなる。
そして、結婚相手に選ばれなかった美しい女は怒り狂い、
ある夜に醜い女の部屋に生肉を置き、更に口の周りに血を塗った。
翌朝、それを見た殿様は醜い女を鬼だと思い、顔を斬って殺してしまう。
その夜、美しい女の顔に醜い女の顔が張り付いてしまい、家から追い出されて気が狂って死んでしまう・・・。

それから長い時が過ぎて、その醜い女の顔がお面みたいな感じである寺に保存されていた。
ある漫画家がそれを漫画か何かの題材にしようと思い、それを寺から借りていく。
しかし、その漫画家も呪われ、漫画家の顔が醜い顔に変わり、
漫画家の顔がお面みたいになってしまった。

さらに、それから遥か未来。
その未来では美しさの基準が変わり、醜い顔の方が美しいとされる時代だった。
それを知った醜い女の面は笑いながら溶けていった・・・。

なんか、後味が悪いような悪くないような話だった。
微妙に間違っている部分もあるかも。


391 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/28(火) 09:30:29
>>390
つうか普通の顔の女はおらんのか

393 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/28(火) 09:49:03
>>390
読んでみたい。誰かタイトル分からないかな?

405 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/28(火) 13:52:22
>>393
火の鳥の一編だったかと

407 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/28(火) 14:03:02
>>393
タイトルは忘れちゃったけど
手塚治虫漫画全集の「ザ・クレーター」の1巻か2巻に入っていたと思うよ。
短編集で、面白い作品が揃っていた。

 

ザ・クレーター(2) (手塚治虫漫画全集 (219))
ザ・クレーター(2)
(手塚治虫漫画全集 (219))


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...