ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その44 » 永遠の語らい

592 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/31(金) 23:31:29
本当にウロな話だが。

映画であらすじは母と娘が父のもとに行くために、豪華客船に乗って、
船でであった人達を通して地中海文明に触れる話。

ラストは船に時限爆弾が仕掛けられて、船長が乗客を避難させるけど、
娘が大切にしていた人形を忘れて取りに戻ってる間に救命ボートは全部行ってしまう。
連れ戻しに行った母親も取り残され、遠くに行く救命ボートを見つめる。

二人に気づいた船長が「私が助けに行く!」って言って服を脱いで海に飛び込もうとしたら、
船長の顔が写って、字幕がスタートしてバックで
「ドーン ゴゴゴゴゴゴ ギーーーーッ」という効果音。

何故二人が死ぬ必要があるのか分からなかった。


594 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/32(土) 00:39:10
>>592
その映画知ってるよ。確か・・・・マルコビッチが出てたよね。
前半は各国に対する娘と母親の語らい、豪華客船ならではなの異文化交流に対する語らい
(とは言ってもヨーロッパ圏が主だが)で、なかなかにいい感じだったのが、
その語らいの途中から怒涛の展開。

「爆弾ってあんだ・・・」と思う間もなく、
最後は船長役のマルコビッチの顔がドアップで写って、
スタッフロールやら何やらが滝のようにあっという間に流れて終了。
もう、何ていうか、この映画だけは是非直に見てもらいたいね。うん。
「あっけに取られる。」という言葉の真の意味に気づかせてくれる映画だから。

と、ググってみたらありました。そう「永遠の語らい」。皆さん是非見てみてください。
前半~中盤は完全にラストへの前振りでしかないのだと感じれますから。
前半はなぁ・・・・マシだったんだけどなぁ・・・・・

 

永遠の語らい [DVD]
永遠の語らい [DVD]


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...