ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その44 » グール(屍鬼)(山岸凉子)

799 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/04/05(水) 14:11:32
山岸涼子の漫画であった話

ある客船が事故に遭い、一組の男女が無人島に遭難した。
海に魚がたくさん泳いでるのを見て食料を集めようと張り切る男だったが、
どうしても魚を捕まえることができなかった。
果物はたくさん島にあったので飢え死にすることはなかったが、
男は果物を食べるのにも飽きてしまった。
ある日、食料を探し回っていると同じように遭難した男女の死体を見つけてしまう。
恐くなった男は何としても生き延びようと、
空にいるカモメを捕まえよう弓矢を作るが、どうしても当たらない。
一回だけ当たったのだが、何も無かったかのようにかもめを飛び続けている。
ある日、男は我慢できなくなり(食欲ではなく性欲)、女を襲おうとする。
しかし、逆に女は男の腕を食い千切ってしまう。
痛みに泣き叫ぶ男だったが、すぐに腕が元通りになった。
実は男も女も既に死んでおり、見つけた死体も自分達の物だった。

 

シュリンクス・パーン―自選作品集 (文春文庫―ビジュアル版)
シュリンクス・パーン―自選作品集
(文春文庫―ビジュアル版)
わたしの人形は良い人形 (山岸凉子スペシャルセレクション 1)
わたしの人形は良い人形
(山岸凉子スペシャルセレクション 1)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...