ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その46 » 少年人魚(海野つなみ)

794 名前:1/2 投稿日:2006/05/13(土) 03:02:07
海野つなみの「少年人魚」
母子家庭に育った女子高校生(主人公)の母親は小説家。
母の作品の中には「少年人魚」という悲恋物がある。

12年に一度の繁殖期を迎えた少年人魚は交尾する相手を探す。
そこで溺れている人間の幼女を見つけて助けるが、まだ幼過ぎて交尾はできなかった。
また12年後、幼女は美しい少女へと成長していたが、交尾は拒まれて失敗。
そしてまた12年後。大人の女となった彼女ははじめて少年人魚との行為に応じる。
彼女の左手薬指には指輪が光っていたが、少年人魚はその意味を知らない。
行為が終わった後に、泣きながら少年人魚の首を絞める女。
絶命した少年人魚の死体は野犬に食い荒らされ、
やがて朝になりなんの死体かもわからない状態となった少年人魚は
漁師の手によりいちじくの木の根元に埋められた。
そして長年実をつけることのなかったいちじくの実が翌年に実った。

なんで女が少年人魚を殺したのかがわからないし、落ちがエグくって嫌だと言う主人公。
主人公の学校の先生で、母のファンでもある男性教師が解説する。
少年人魚は人魚であるために永遠に成長せず少年のままでいられたが、
人間の女はいつまでも幼いままではいられなかったからだと。
やっぱり理解できない主人公。恋愛はもっとハッピーなものであるべきだと言う。
そんな主人公を先生は「お前はまだ少年人魚」だとバカにする。

色々あって主人公の母と教師が結婚する事になった。
教師に恋心を抱いていた主人公は、はじめて恋の痛みを知り、
そして少年人魚を殺した女の気持ちがわかったような気がした。


795 名前:2/2 投稿日:2006/05/13(土) 03:05:16
同作者のオムニバス連載「回転銀河」に「クエーサー」というタイトルで
少年人魚の続編が突然掲載される。作者曰く、少年人魚より先に思い浮かんだ話らしい。
回転銀河では、姉弟で恋仲になってしまった二人の「もし子供ができたらどうするか」という
生々しい話も含めた近親相姦ものが主軸で、その繋がりで出て来た。

少年人魚から数年後、大学生になった主人公。
突然母が死んでしまい、義父である先生と二人で暮らす事になった。
先生への思いが以前と変わらない主人公。以前ほど体当たりはできないが、
アプローチして行き、はじめは拒んでいた義父もそれをやがて受けとめた。
最後、二人が絡みあって終わり。

少年人魚の方は終わり方がスッキリとしていたし作中作も面白くて
名作といわれてたぐらいなのに、近親相姦繋がりで唐突に続編が出て来た上に
話の展開上というだけでいきなり母親が死んじゃって、
しかも母親がいなくなったからって恋愛しちゃう二人に唖然とした。
作者は「これはバッドエンド」と公言しているが、そういう後味の悪さだけではなく
昼メロっぽい話で少年人魚が汚されてしまったようで悲しい


797 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/05/13(土) 08:30:30
>>794
GJ。読んでみたいと思いました。
続編はいらないなあ

 

tsunamix(2) (講談社コミックスキス)
tsunamix(2) (講談社コミックスキス)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...