ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その47 » キングダムハーツⅡ

113 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/05/17(水) 20:34:55
ゲームといえば、「キングダムハーツⅡ」のロクサスのエピソードが後味悪かった。

トワイライトタウンという町に住むロクサスは夏休みを仲の良い友達と楽しく過ごしていた。
しかし、夏休みのある日から少しずつロクサスの周りで異変が起こる。
ロクサスが写っている写真が全て盗まれたり、見知らぬ少年の夢を見たり、
ロクサスにしか見えない現象が色々起ったりする。
さらに、ロクサスの周りに変な男や少女がたびたび姿を現す。
そして、謎の少女の導きである屋敷へやってきたロクサスは全てを思い出す。
自分はノーバディという心がない存在だということを。
そして、屋敷で眠っているソラ(前作&今作の主人公)が目を覚ました時、自分は消えなくてはいけないと。
「俺の夏休み、終わっちゃった・・・」という言葉を残して。


117 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/05/17(水) 21:49:36
>>113
うわぁ切ない…
体がない存在でも夏休み楽しんでたのにね(´д`)

 

アルティメット ヒッツ キングダム ハーツ II
アルティメット ヒッツ キングダム ハーツ II


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...