ホーム » アニメ・ゲーム » アニメ/か行 » ゲゲゲの鬼太郎/第2期第37話「地相眼」

176 名前:1/3 投稿日:2006/05/19(金) 00:05:52
子供の頃に見た、鬼太郎の映画の話。
30年くらい前だからうろ覚えでスマソ。
もしかしたら、脳内補完ばっかりで全然違う話かも。

ある洞窟に、3匹の?蛇の妖怪が住んでいた。
その妖怪一匹一匹が、赤い宝石のような宝物を持っている。
ある日、その洞窟に一人の貧相なオヤジが迷い込んだ。(冒険家だったかな?)
偶然、蛇の妖怪の宝物を親父は見つけてしまう。
うほうほ喜び、親父は宝石を盗んで持ち帰った。

それから何があったのかあんまりおぼえていない。
でも、何か良くないことが人間界に起こり、蛇の妖怪が原因であること、
蛇の妖怪は宝石を盗まれたことをとても怒っている事、などが鬼太郎の耳に入る。
いろいろあって、オヤジにたどり着いた鬼太郎。

宝石を返すよう説得するが、オヤジは拒否。どうしても返さない。
事情を知ったオヤジの息子も元に返すよう言い続けるが、オヤジは返さない。


179 名前:2/3 投稿日:2006/05/19(金) 00:07:52
ある時、蛇の妖怪をなだめるもうひとつの方法があることがわかる。
宝物である宝石をもう一度作ることができるよう、材料を蛇の妖怪に与えてやれば良いのだ。
その材料とは何か、知って驚愕する息子。材料とは、人間のことだった。

蛇の妖怪に生きたままの人間を与えてやると、妖怪は人間を包むとぐろを巻く。
そうして時間をかけて、蛇の妖怪は人間を溶かし、赤い宝石にしていくのだった。

苦悩する息子。オヤジは頑として宝石を返そうとしない。
いや、本当は返せないのだ。オヤジは宝石をなくしてしまっていたのだ。

このままでは祟りは止まない。鬼太郎は、オヤジを蛇の妖怪に渡そうとする。
泣き喚いて許しを乞うオヤジ。いやだいやだと泣く哀れなオヤジを見て、
息子は悲壮な決意をする。自分の身を蛇の妖怪に捧げようと。
それが、息子としての自分の務めであると。


178 名前:3/3 投稿日:2006/05/19(金) 00:06:47
止める鬼太郎。オヤジは、自分の命かわいさに、止めることができない。
息子は寂しげな背中で蛇の妖怪の元へ向かう。
そして、蛇の妖怪は息子の体をゆっくりと包み込んだ。

息子はそこで、蛇に巻かれながら、長い時間をかけて、
生きながら宝石に変えられていくのだった…。

自分のせいでもないのに、くそなオヤジの為に、
なんで息子が犠牲にならなきゃいけないのか。
ゆらゆらと蛇にとぐろを巻かれている人間の図がすごくシュールで、
気持ち悪いほど忘れられない。


181 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/05/19(金) 00:10:54
>>176-178

後味悪いね…

194 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/05/19(金) 02:13:39
鬼太郎の話は、地宝丸だっけか
テレビ2代目の劇場編集じゃないのかな。

親父は俗物ながらも息子を跡継ぎ社長にするつもりで、
息子はそういう親父と世間を嫌っていて、半ばあてつけに宝石になる。
宝石になるのも苦しまず、眠るような心地よさで意識が薄れていく。
2代目は社会派っぽい話が多かった気がします。


196 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/05/19(金) 02:37:17
>>194
たしか地相眼だったはず。

 

ゲゲゲの鬼太郎 70’s(7) 1971[第2シリーズ] [DVD]
ゲゲゲの鬼太郎 70’s(7)
1971[第2シリーズ] [DVD]
ゲゲゲの素 (トクマコミックス)
ゲゲゲの素
(トクマコミックス)(原作)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...