ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その48 » きりひと讃歌(手塚治虫)

27 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/05/31(水) 13:33:37
手塚治虫の「きりひと讃歌」の、蘭花という中国娘のくだり思い出した
大河ドラマの結末としては一応大団円なんだけど、
主人公は大病院で働く優秀な青年医師。ある時、病院長の陰謀にまきこまれ、
治療法の見つかっていない難病に感染させられ外国に捨てられる。
主人公が感染したのは、モンモウ病という骨と筋肉が変形して死に至る病気で、
最後には犬そっくりになって苦しみながら死んでいくというもの。
中国の金持ちの道楽見世物ショーに売られた主人公は、そこで蘭花という少女と知り合う。
幼い時から、メリケン粉をまぶされで高温の油で揚げられる、という芸をしこまれた少女は、
いつしか精神に変調を来たしており、障害者の芸人を連れ込んでは性的にもてあそび、
そのうち殺してしまうという悪癖をくり返していた。
主人公も監禁されるが、彼は医者として冷静に蘭花と対峙し、
彼女はいつしか落ち着きを取り戻し、回復に向かっていく。
やがて二人で逃げ出すも、資金がない。そこで蘭花は、もう一度だけ
大道芸として油入りの芸をやり、旅費をかせぐことを決意する。
主人公はすでに顔が変形しており、人前におおっぴらに出られない。
希望を抱いて、明るい表情で最後の芸に向かう蘭花。
だが慣れない舞台装置に、協力した裏方たちの手元が狂い、
一度油から上がった蘭花の身体は、再び熱い油鍋の底へ……。
助け出された時は、蘭花はもう何も言わぬ肉のカタマリになっていた。
まだ火と油の残る道で、蘭花だったカタマリにすがって泣き崩れる主人公……
でこの章終わり。後味悪い手塚マンガ数々あれど、
あんなに胃の腑にずっしり来たラストシーンはなかったね。

 

きりひと讃歌(1) (手塚治虫漫画全集 (31))
きりひと讃歌(1)
(手塚治虫漫画全集 (31))
きりひと讃歌(2) (手塚治虫漫画全集 (32))
きりひと讃歌(2)
(手塚治虫漫画全集 (32))
きりひと讃歌(3) (手塚治虫漫画全集 (33))
きりひと讃歌(3)
(手塚治虫漫画全集 (33))
きりひと讃歌(4) (手塚治虫漫画全集 (34))
きりひと讃歌(4)
(手塚治虫漫画全集 (34))


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...