ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その48 » 血を運ぶ天使

260 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/06/02(金) 23:06:18
大昔に読んだ少年漫画なんだけど、
ある町に、貧乏な少年がいた。おまけにしゃべりがカタコトで、回りにバカにされている。
それに少年には変な習慣があった。時々、注射器を片手に、「血をくれ」と歩き回るのだ。
友達からは「吸血鬼」と気味ワルがられ、石を投げられたりする。
それでも少年は、出会う人ごとに「血がいるんや。血をくれよう」と頼むのをやめない。
誰にも相手にされないまま、ある日少年は、むかついた友達に袋叩きにされ、
そのため帰り道、足がふらついて自動車にひき逃げされてしまう。
道路に広がっていく少年の血。少年は、その血を注射器で吸っては、
手にした汚いビニール袋にためていく。「血が…血がいるんや……」(そのまま死んだと思われる)
それから画面が変わって、貧しげな、少年の家らしき小屋の中で、
からっぽの輸血ビンから、何もでない点滴のハリを腕にさして死んでいる、
やせっぽちの女性が描かれ、説明文が入る。
貧乏で、輸血が必要な母のため、愚かながら血を集めようとしていたのだった。
少年は吸血鬼ではなかった。血を運ぶ天使だっのだ……

261 名前:260 投稿日:2006/06/02(金) 23:09:23
この話も読んだ当時後味悪かったけど、その後さらに後味悪かったのは、
10年くらいしてすっかり忘れてた頃に、違う雑誌に
違う作家が、まったく同じような構図とセリフで、
まったく同じ話を描いているのを見たことだ。
元ネタには全然ふれていなかった。少年がムダに2回殺された気がした。

264 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/06/02(金) 23:42:57
集めようとしていただけで輸血していたわけではないだろう。
注射器で吸い取って密封も殺菌もしてないビニール袋に入れた
血液を輸血したら感染して死にそうだ。

265 名前:260 投稿日:2006/06/02(金) 23:45:38
ちょっと知恵後れっぽい描写だったし、
輸血するものに違いがあるなんて解ってなかったと思う。
途中、ノラ犬とかにも頼んで、吠えられてたシーンがあったような気がス

266 名前:260 投稿日:2006/06/02(金) 23:48:33
>>264
実際に集めた血を輸血している描写はなかったし、
してなかったと思いたい……

267 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/06/03(土) 00:07:05
無知が人を殺すこともある。
私は死ななかったけど、付属のちいちゃーいコップで飲む液体薬を
普通のグラスに並々注がれて無理やり飲まされたことがある。
父親に。
絶対グラスで飲むわけない、付属の何かがあるはずだ。と言ったにも
かかわらず、いやこれでいいんだ、と。
わざとだったのかもしれない。

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...