ホーム » 小説 » その他書籍 » 3つの願い

840 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/06/13(火) 08:52:50
かなり前の朝日新聞に載ってたオムニバス小説「千夜一夜」より

ある辺境の惑星に難破した宇宙船が不時着
乗組員は地球の男二人に女一人
救難信号は届かない
三人は途方に暮れるが
幸いその惑星は環境が素晴らしく良く、不自由なく暮らすことができた

何年も経ったある日、三人は浜辺で古ぼけたランプを拾う
磨いてみると、中から魔人が現れた
「助けてくれた礼に、三つの願いを叶えてやろう」と魔人はいう
男たちはそれぞれ、地球に居る自分の恋人に想いを馳せた

彼らは最初こそうまくやっていけていたが
男たちは実質二人の男が一人の女を分け合うという関係にはうんざりしていた
女が自分だけしか居ないという慢心と
惑星のあまりの豊かさによって女はだらしなくブクブク太り
元からお世辞にも美しいとは言えなかったのが今や化け物同然になってしまっていた

「地球の恋人の元に戻りたい」一人目の男の姿が消えた
「故郷の妻の元に戻らせてくれ」二人目の男の姿が消えた
二人とも故郷の地球に一瞬にして戻ったのだ

「さて、あんたはどうするんだ」
残された女に魔人は問うた
「あの二人を連れ戻して頂戴」

願いを聞き届けた魔人は、永遠に姿を消した


842 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/06/13(火) 09:22:17
>>840
自分ならクソ女の元に戻された時点でクソ女をぶっ殺す。
それか、もう一人の男とホモになってクソ女を迫害する。
つーか、ハラワタ煮えくり返りそうだ。クソが。

843 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/06/13(火) 09:48:40
>>840
その話の、ボート漂流バージョン
(男二人と女一人が大海原のボートに・・・ってやつ)
を、このスレで何度か読んだんだが、
どっちがパクリなんだろう。
多分出所があきらかな方(朝日新聞掲載)が元なんだとは思うが。

逆だったら後味悪い


844 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/06/13(火) 10:21:38
元々よくある話しじゃないのかな?
パクリっつー程のものでもないとは思う。

967 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/06/14(水) 22:22:37
>843
カメだが
しかもそれ最初は他の乗務員も乗ってるんだけど、食中毒で3人以外あぼんしちゃうんだよな。

男2人は手をつけなかったり、ちっとしか食わなかったりして助かるんだけど

クソ女は「強靭な腸で生き残った」だもんな…逆に細菌の方があぼんしたのかよw


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...