ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » イルカと娘

426 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/06/23(金) 02:35:23
どこの民話か忘れたけど

イルカととても親しい娘がいた。
イルカと親しい事を危惧した娘の父親は、
娘がいつもイルカを呼ぶときに使う合図でイルカを呼び寄せて殴り殺した。
その後、何も知らない娘が海へ行って合図を送ってもイルカが姿を現さないので不思議に思っていると、
海辺の鳥が父親がイルカを殺した事を教えた。
やがて娘はイルカの死体を見つけ、娘はイルカの死体を抱いて海に入っていった。

異類婚は基本的に後味悪いよね。
時々魔法が解けて末永く幸せに~っていうのがあるとほっとする。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...