ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » おろかなカエル(赤坂三好)

299 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/07/08(土) 00:08:13
題名はわからないけど有名な童話。
うろ覚えなので細かいとこ間違ってるかも。

カエルの子が陸に上がって生まれてはじめて牛を見た。
その大きさに驚いた子カエルは早速母カエルに報告する。
「母さん、さっきすごく大きい生き物を見たんだ」
「それはこのくらいの大きさかい」と膨れる母カエル。
「ううんもっとだよ」
「じゃあこのくらいかい」さらに膨れる母カエル。
「まだまだ全然小さいよ」
「ではこのくら…」
パァン!

とうとう母カエルは破裂した。

おしまい

笑い話っぽいけど牛も親子も誰も悪くないのに
無知だったばっかりに母カエルが死に至るのが後味わるい。


300 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/07/08(土) 00:26:54
>>299知ってる!題名わかんないけど、イソップじゃなかったっけ…??

 

おろかなカエル (読みきかせ・イソップ名作えほん)
おろかなカエル
(読みきかせ・イソップ名作えほん)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...