ホーム » 小説 » 小説/さ行 » 邪魔立てする者(サキ)

656 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/07/14(金) 21:11:49
昔読んだ短編。

ある山に、マタギと木こりがいた。
二派の山での縄張り争いは激しく、生活がかかっているので、双方は心から憎み合っていた。
そんなこんなである嵐の晩、山で一番の大木の元で、双方の頭がタイマン対決をする事になった。
互いに手慣れた武器を持ち、確実に相手を殺すつもり。どっちも加勢は無し。

だが対決がつづく中、大木に落雷があり、ともに倒れた枝の下敷きになってしまう。
顔も見合えない状態の上、マタギは失明していた。木こりも腹がつぶれ重傷。
朝になれば仲間が様子を見に来てくれるはず。だがどっちもそれまで持つか解らない。
木こりの持っていた酒を分け合い、動けないまま二人は初めてまともに話をする。
最初こそケンカごしだったが、次第にうちとけ、理解しあっていく。
万一助かったら、お互いの仲間を説得して仲良くやっていこうと誓い合う二人。

と、木こりが遥か遠くに、動く群れを見つける。仲間が来てくれたと喜び、
必死の思いで叫ぶ木こりたち。群れは二人の声を聞きつけ、近づいてくる。
どっちの仲間でもよい、これで全てうまくいくと心から感謝するマタギと木こり。
だが、近づいた群れを見て、木こりの顔がひきつる。心配するマタギ。
二人が懸命に呼び寄せたのは、この山の真のあるじたちだった。

しばらく後。倒れた大木の回りには、
狼や熊にメタメタに食い荒らされた二人の肉片がちらばっていた。

 

サキ短編集 (新潮文庫)
サキ短編集 (新潮文庫)
ザ・ベスト・オブ・サキ〈2〉 (ちくま文庫)
ザ・ベスト・オブ・サキ〈2〉
(ちくま文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...